ホーム > 補聴器とは > 難聴について

難聴について

聴力は一般的に加齢とともに衰えます

人は誰でも加齢とともに聴力が衰え、特に高音域から徐々に聞こえにくくなります。

周囲に雑音があると、さらに言葉の聞き取りに支障をきたします。

聞こえが十分でないと生活が消極的になったり、ご本人ばかりでなく周囲にも不便な思いをさせてしまいがちです。

難聴には大きく分けて3つのタイプがあります

伝音性難聴
「音を伝えるところ」の障害
音を伝達する外耳から中耳にかけてのどこかに障害が生じるために起こる難聴です。 医学的治療によって聴力の回復が見込める場合もあります。
感音性難聴
「音を感じるところ」の障害
音を感じる部分の内耳以降に何らかの障害があるために起こる難聴です。 加齢による難聴も感音難聴の一種です。 医学的治療は難しく、補聴器も音質や音の出し方を細かく調整するなど高度な処理が要求されます。
混合性難聴
「音を伝えるところと感じるところ」の障害
伝音性難聴と感音性難聴の両方の原因を持つ難聴です。

※難聴の診断は医師が行います。

ページの先頭へ

まずはどうぞお気軽にお問い合わせください 電話番号:0538-42-2341 泉町本店 10:00~19:30

店舗紹介